EXCEL VBA 積の計算・合計の集計(単価×個数)「SumProduct関数」の使い方

 

EXCEL VBA 積の計算・合計の集計(単価×個数)「SumProduct関数」の使い方

 

 

 ●はじめに
EXCELでデータ一覧を作成した際に、「単価」×「個数」などの積の計算が必要な場合、通常の計算式では「単価」×「個数」の計算式を入力しますが、「SumProduct関数」を利用する事で、簡単なステップで積の計算を実行しデータを集計する事が出来ます。それでは、「SumProduct」関数の使用方法をサンプルプログラムを交えて説明いたします。

 

 

 ●書式の説明 (SumProduct)

WorksheetFunction.SumProduct(範囲1,範囲2,範囲3‥‥)

※セル範囲で選択されたデータの積を計算して値を返します。

使用例: Ans = WorksheetFunction.SumProduct(Range(“B2:B7”), Range(“C2:C7”))※注意:SumProduct(範囲1,範囲2,範囲3…)で指定する範囲は、全て同じ範囲個数に合わせなければなりません

 

 

 

指定したセルの範囲同士で、積の計算を行い総合計を返します。「2つのデータの積」(SumProduct)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム①)
下記のプログラムは、SumProductを使ったサンプルプログラムになります。下表のデータ一覧から「単価」×「個数」の計算をまとめて算出します。単価と個数の範囲を指定する事て、積が求められます。結果、セルF2に「金額合計」が代入されます。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※実行後、全てのデータの「単価」×「個数」が計算されて「金額合計」F2に計算結果が代入されました。
(画面クリックして拡大)

 

 

指定したセルの範囲同士で、積の計算を行い総合計を返します。「3つのデータの積」(SumProduct)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム②)

下記のプログラムは、SumProductを使ったサンプルプログラムになります。下表のデータ一覧から「単価」×「個数」×「軽減税率8%」の計算をまとめて算出します。単価と個数及び税率8%の範囲を指定する事て、3つのデータの積を同時に求められます。セルH2に「税抜き価格」の合計値・セルH3に「消費税」の合計値・セルH4に「合計額」の合計値が求められます。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※実行後、全てのデータの「単価」×「個数」×「軽減税率8%」の3つのデータの計算されて「税抜き価格」・「消費税」・「合計額」の計算結果がH2~H4に計算結果が代入されました。
(画面クリックして拡大)

 

 

指定したセルの範囲同士で、積の計算を行い総合計を返します。「日付範囲指定」(SumProduct)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム③)

下記のプログラムは、SumProductを使ったサンプルプログラムになります。下表のデータ一覧から「単価」×「個数」の計算をまとめて算出しますが、今回は、日付の範囲を指定する事により、その範囲内の「金額合計」の合計値や「集計件数」などに算出されます。

 

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※実行後、日付の範囲を指定するメッセージが表示され日付を入力します、その指定した範囲で「金額合計」と「集計件数」が計算され、結果が表示されました。
(画面クリックして拡大)

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)