EXCEL VBA Do Loop While ・Exit Doの使い方(ループ)

Do Loop Whileの使い方 

 

 ●はじめに
EXCEL VBAプログラムを作成する上で、ルーチン処理(繰り返し)は、頻繁に利用します。For Next と 同じ、条件に合わせて繰り返すなど、VBAプログラムを作成する際には、必要不可欠になります。Do Loop Whileの場合は、前判定・後判定どちらでもループ処理しますので、状況により使い分けて下さい。それでは、Do Loop Whileの利用方法を説明いたします。

 

Do Loop Whileの使い方(後判定)

 

 

Do Loop Whileの使い方(前判定)

 

 

●プルグラム説明( 下記に、Do Loop Whileの使い方を説明します)
サンプル(Do Loop While) 変数”I”に対して1~10まで繰り返し、1~10までの値を加算するサンプルプログラムです。

 

Do Loop Whileの使い方(後判定)

 

Do Loop Whileの使い方(前判定)

 

 

Exit Do の使い方    

 

 ●Exit Doの説明
続きまして、Exit Doの説明をします。上記項目でDo While Loopの説明をしましたが、「Exit Do」は、Do While Loop実行中に、ある特定な条件などを設定し、Loop処理の繰り返し途中からLoop外に出る事ができます。For~Nextの「Exit For」と同じ使い方になります。

 

 ●プログラム説明
それでは、サンプルプログラムの説明をいたします。サンプルプログラムでは、100回ループさせる中で、乱数を0~99まで発生し、乱数が80以上の値が出たら、メッセージを表示させLoop処理から抜け出しプログラムを終了させます。

 

 

 ●実行結果(上記のプログラムを実行して、ランダムの数値0~99を生成し80以上の数値が出ればループから抜け出しメッセージを表示します。
(クリックで拡大表示)

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
Do Loop While・Exit Doの説明でした。上記のサンプルプログラム等を参照して使い方を理解して下さい。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。
 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)