EXCEL VBA 複数ファイル・ブックの集計処理・1つのワークシートにまとめる(テクニック)

EXCEL VBA 複数ファイル・ブックの集計処理・1つのワークシートにまとめる(テクニック)

 

 ●はじめに
社内の事務処理で、アンケートなど配布しそれを集計する作業があると思いますが、紙によるアンケートを配布し、集計するとなると無駄な作業が多くなり、作業に時間が掛かってしまいます。しかし、EXCELファイル等を配布してファイルを回収しても、手動でデータを入力または、「コピー貼り付け」などで纏めると、それもまた時間が掛かってしまいます。集めた複数ファイルが数百~数千件となると手動での作業は、とても大変です。VBAを使って集めたファイルをひとつのファイル(ブック)に纏める方法を使うと簡単に纏めることができますので、そのプログラムの作成方法を説明したいと思います。

 

 ●プログラム説明 (サンプル①)

下記のプログラムは、EXCELファイルでアンケートを配布して、そのアンケートに記入してもらった複数ファイルを一つのフォルダーに集めて、その集めたファイルを一つのブックに集計するプログラムです。詳細については、下図を参照して下さい。


 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、下記の順番で実行されます。
①アンケートファイルを実行するか確認します。
②ダイアログボックスが表示されて、アンケート結果が保存されているフォルダーのファイルを指定します。
③「開く」をクリックして、選択されたファイルのフォルダー内全てのファイルを読み込みます。
④読み込んだファイルを一件ずつ結果一覧に反映されます。
⑤最後に、取り込み件数(読み込んだ件数)が表示されて完了。

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)