EXCEL VBA 空白のセル・数式のセルを参照(SpecialCells)

EXCEL VBA 空白のセル・数式のセルを参照(SpecialCells)

 

 ●はじめに
EXCELの表などに、空白のセルや数式のセルが入力されているセルを「SpecialCells」メゾットを利用して指定したセルの範囲から条件を指定して、該当するセルを参照する「SpecialCells」の利用方法を説明いたします。

 

 

 ●書式の説明
Rangeオブジェクト.SpecialCells(Type:定数,Value:定数)

 

Type(定数)説明
xlCellTypeBlanks空白のセル
xlCellTypeFormulas数式が含まれるセル
xlCellTypeAllFormatConditions表示形式が設定されているセル
xlCellTypeAllValidation条件の設定が含まれるセル
xlCellTypeCommentsコメントが含まれるセル
xlCellTypeConstants定数が含まれるセル
xlCellTypeLastCell使われたセル範囲内の最後のセル
xlCellTypeFormatConditions同じ表示形式が設定されているセル
xlCellTypeSameVlidation同じ条件の設定が含まれるセル
xlCellTypeVisibleすべての可視セル

 

Value(定数)説明
xlErrorsエラー値
xlLogical論理値
xlNumbers数値
xlTextValues文字

 

 

空白のセルを数える・空白セルを参照する 「SpecialCells.xlCellTypeBlanks」

 

 ●プログラム説明 サンプルプログラム①    (画像クリックで拡大)

下記のサンプルプログラムは、社内で従業員満足度を行い、アンケート結果の記入欄に空白(未記入)があれば、その数をMsgboxで表示させます。

 

 

 ●実行後  :プログラム実行後、アンケート記入内容に2件未記入箇所があるので、メッセージボックスに「アンケートの記入漏れは、2件です」と表示されました。
(画像クリックして拡大)

 

 

表の数値・文字・数式部分を参照する 「SpecialCells.xlCellTypeConstants」・SpecialCells.xlCellTypeFormulas」

 

●プログラム説明 サンプルプログラム②    (画像クリックで拡大)
下記のサンプルプログラムは、下表の「地域別来客数実績表」にある。数値データの件数及び文字列のデータ件数・数式のデータ件数をカウントしてメッセージボックスに件数を表示させます。

 

 

 ●実行後 :プログラム実行後、表の数値のデータ件数・文字のデータ件数・数式のデータ件数が表示されました。(画像クリックして拡大)

 

 

数式を残して数値を削除・数式を参照する 「SpecialCells.xlCellTypeConstants, xlNumbers」

 

 ●プログラム説明 サンプルプログラム③  (画像クリックで拡大)
下記のサンプルプログラムは、下表「地域別来客数実績表」に入力されている数値(入力値)のみ削除するプログラムです。計算式が入力されている部分については、そのままなので表を何度も利用する際には、便利な使い方になります。

 

 

 ●実行後 ※数値(入力値)のみ削除されました。 (クリックして拡大)

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)