EXCEL VBA 最終行・最終列・合計行・合計列の作成・SUM関数追加(テクニック)

EXCEL VBA 最終行・最終列・合計行・合計列の作成・SUM関数追加(テクニック)

 

 ●はじめに
EXCELで一覧表や集計表を作成すると、縦に合計列・横に合計行を作成すると思います。通常EXCELで作成する場合は、SUM関数を利用して合計行を作成しますが、EXCEL VBAで合計を作成する際もEXCELと同様に、SUM関数を利用した方が途中に行列を挿入した際に、再計算する必要が無くSUM関数で対応できるので、どちらかと言うとお勧めします。なお、今回は下記に作成したVBAでSUM関数を利用するプログラムです。集計表の大きさに応じて合計行・合計列を自動作成する様にプログラムにて対応していますので、行列追加による変更にも対応しています。それでは、SUM関数を利用した合計行・合計列の作成方法を説明いたします。

 

EXCEL VBA 最終行・合計行の作成・SUM関数追加(テクニック)

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム①)
下記のサンプルプログラムは、下表の最終行にSUM関数を作成するサンプルプログラムです。表の最終行(16行)を把握して、セル「C16」~「H16」までの間に、Sum関数を代入します。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※実行後、最終行(16行)に「合計行」としてSUM関数が代入されました。

 

EXCEL VBA 最終列・合計列の作成・SUM関数追加(テクニック)

 

●プログラム説明 (サンプルプログラム②)
下記のサンプルプログラムは、下表の最終列にSUM関数を作成するサンプルプログラムです。表の最終列(I列)を把握して、セル「I6」~「I15」までの間に、Sum関数を代入します。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※実行後、最終列(I列)に「合計列」としてSUM関数が代入されました。

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)