EXCEL VBA 指定した時刻に実行・指定した時刻まで止める(Waitメソッドの使い方)

 

EXCEL VBA 指定した時刻に実行・指定した時刻まで止める(Waitメソッドの使い方)

 

 ●はじめに

EXCEL VBAでプログラムを作成した時に、ある一定の時間を停止したり、指定時刻に実行させたい時があると思います。その時に利用するのが、ApplicationオブジェクトのWaitメゾットです。このメゾットを利用する事で、タイムスケジュールなどを管理するプログラムを作成する事も出来ます。それでは、Waitメゾットの利用方法を説明いたします。

 

 

 ●書式の説明 【Waitメゾット】

【ApplicationオブジェクトのWaitメゾットの利用方法】

Application.Wait(Time) 

使用例: Application.Wait Now() + TimeValue(“00:00:05”)
※現在の時刻から+5秒後まで停止します。(5秒後に実行します)

使用例:  Application.Wait “12:00:00”
※指定した時間(12時)まで停止します。(12時に実行します)

 

 

 

文字列を順番に表示します(1秒ごと:Application.Wait)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム①)

下記のサンプルプログラムは、指定した文字列(セルA1)に対して、1文字ずつ順番に表示(セルA3)させるプログラムです。文字を1文字ずつ表示させる待ち時間は、1秒に指定しています。

 

 

 

●実行前~実行後  ※プログラム実行後、セルA1に登録されている文字列をセルA3に一文字ずつ、1秒間隔で表示させます。
※(画面クリックして拡大)

 

 

実行時間を指定してタイムスケジュール管理(指定時刻:Application.Wait)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム②)

下記のプログラムは、実行時間を指定してスケジュール管理を行うプログラムです。下表の通りに、実行する項目と作業時間を設定します。指定時間になると、スケジュール項目のメッセージボックスが表示され項目に対して完了したか?(Yes/No)で選択判定します。判定結果をD列の「作業完了」に「Yes:処理済み」・「No:未処理」と選択結果に応じて登録されます。

 

 

 

 ●実行前~実行後  ※プログラム実行後、作業時間に達成した項目(スケジュール)のメッセージが表示され、項目内容に対して完了したか?(Yes/No)で選択判定します。選択した結果に応じて「作業完了」に反映します。

※(クリックして拡大)

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)