EXCEL VBA 変数の定義(Dim)

EXCEL VBA 変数の定義  

 

 ●はじめに
ここでは、EXCEL VBAでプルグラムを作成する上で利用する変数定義の説明をします。変数の宣言は、設定しなくても動きますが、VBAプラグミングを学習する上で、早い段階で使い方を覚えた方が良いでしょう。下記のURLに、変数の宣言を強制する方法を説明していますので、強制的に変数を強制する場合は、URLの手順を参照にして下さい。それでは、変数の定義(宣言)方法を説明します。

 

●『D.変数の宣言を強制する。(おすすめ)』
https://akira55.com/excel_startup/

EXCEL VBA 変数の定義

形名データ型取り扱いデータ範囲
整数型Integer-32,768~32,767の整数
長整数型Long-2,147,483,648~2,147,483,647の整数
通貨型Currency-922,337,203,685,477.5808~
922,337,203,685.5807の固定小数点
日付型Date日付:西暦100年1月1日~
西暦9999年12月31日
文字列型String文字列
オブジェクト型Objectオブジェクトの参照
バリアント型Variantすべてのデータが取り扱える
 ●プログラム説明
上記の定義一覧は、主に取り扱うものです。他にも有りますが、上記については、基本的な所なので、取り扱うデータに応じて切り分けて下さい。

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
以上で変数の定義の説明でした。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)