EXCEL VBA 高速化(テクニック)描画・監視・自動計算停止

EXCEL VBA 高速化  

 

 ●はじめに
ここでは、EXCEL VBAの高速化に関する説明をしたいと思います。VBAコード(プログラム)は、長くなったり、複雑になったり、特にループ処理が多くなると、非常に遅くなります。ここでは、2パターン高速化する方法を説明します。

 

EXCEL VBA高速化の説明①

 

 ●プログラム説明
●下記のプログラムは、VBAを高速する手法の中で、プログラム作成の際に、取り入れた方が良いでしょう。実際どのように事をしているのか順番に解説します。
①  ScreenUpdating = False ‘描画停止
② EnableEvents = False ‘イベント監視停止
③ Calculation = xlCalculationManual ‘手動計算
●EXCELでは、常に描画作成・イベント監視・自動計算を行っています。この機能をプログラムに記述する事で、3つの機能を一時的に止める事でき、全体的な処理スピードを高める事ができます。

 

 

 

 ●プログラム説明 VBA高速化しない場合
下記のプログラムでは、描画作成・イベント監視・自動計算のいづれも停止せずに実行するプログラムです。

 

 ●実行結果
上記のプログラムは、描画作成・イベント監視・自動計算を一時停止せずに、実行した結果になります。

 

 ●実行後 ※上記のプログラムを実行した結果、35秒掛りました。 (クリックして拡大)

 

 

●プログラム説明 VBA高速化した場合
下記のプログラムでは、描画作成・イベント監視・自動計算を一時的に停止させて、プログラムを実行した場合です。

 

 ●実行結果
上記のプログラムは、描画作成・イベント監視・自動計算を一時停止させて、プログラムを実行した結果になります。
(上記の手順を行う事により、全体的に処理スピードを上げる事ができます)

 

 ●実行前 ※上記のプログラムを実行した結果、17秒掛りました。 (クリックして拡大)
描画作成・イベント監視・自動計算を一時停止せずに、実行した結果 35秒
描画作成・イベント監視・自動計算を一時停止して、実行した結果  17秒        一時停止した場合は、18秒早く処理する事ができました。

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
以上で、EXCEL VBA高速テクニックでした。また、その他高速化に繋がる方法は、プログラムの内部を見直す、無駄なループ処理を減らすなど様々ありますが、今回説明した部分をプログラムに追加するだけでも、しない場合とくらべても、早く実行してくれます。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)