EXCEL VBA セルの文字配置(横書き・縦書きの指定・折り返しの指定・セルの書式設定)

 

 

EXCEL VBA セルの文字配置(横書き・縦書きの指定・折り返しの指定・セルの書式設定)

 

 

 ●はじめに
セルに文字列を入力し、その文字列をEXCELのセルの書式設定を行いますが、VBAでもセル内の文字列に対して様々な配置設定等を行う事ができます。今回説明するセルの書式設定は、セル内の文字列の縦書き・横書きの設定と折り返しの指定です。横書き・縦書きの設定では、向きを設定する方法とー90~90の範囲を数値の角度で指定する事ができます。セル内の文字列の折り返しについては、セル内の文字列を折り返すのか折り返さないのかを指定する事ができます。それでは、セルの文字列の横書き・縦書き・折り返しの設定方法を順番に説明いたします。

 

 

 ●書式の説明 セルの書式設定(横書き/縦書き:Orientation)
(クリックで拡大)

オブジェクト.Orientation = 設定(方向を設定)
横書き・縦書きの設定定数(設定)
横書きxlHorizontal
縦書きxlVertical

 

 

セルの書式設定 文字列の横書き・縦書きの設定(Orientation)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプル①)
下記のサンプルプログラムは、セルの書式設定の文字列に対して横書き・縦書きの設定を行うサンプルプログラムです。シートのセル全体の書式設定を縦書き・横書きに切り替えます。

 

 

 

●実行前~実行後 ※プログラム実行後、シート全体のセルに対して縦書き・横書きを順番に切り替えました。
(画面クリックして拡大)

 

 

セルの書式設定 文字列の横書き・縦書きの設定(向き・角度を設定) (Orientation)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプル②)
下記のサンプルプログラムは、表示されているシートのセル全体に対するセルの書式設定の表示角度を-90~90へ1ずつ変更表示させるサンプルプログラムです。日常業務では、今回の様なサンプルプログラムは、利用する事は、ありませんが表示させる文字に対して細かく角度を変えられる事が分かります。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、全てのセルに対して、セルの書式設定の表示角度が-90~90へ変化します。
(画面クリックして拡大)

 

 

セルの書式設定 データ一覧から縦書きのスケジュール表に転記 (スケジュール表の作成) 

 

 

 ●プログラム説明 (サンプル③)

下記のサンプルプログラムは、横書きのデータ一覧から縦書きのスケジュール表に転記するサンプルプログラムです。データ形式から表形式に転記します。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、
(クリックして拡大)

 

 

セルの書式設定 文字列の折り返し・セルの値を折り返す。(WrapText)

 

 

 ●書式の説明 セルの書式設定(折り返しの指定:WrapText)
(クリックで拡大)
オブジェクト.WrapText = True / False
文字の制御
【押し返しの指定】
オブジェクト.WrapText = True折り返しの設定
オブジェクト.WrapText = False折り返しの解除

 

 

セルの書式設定 文字列の制御・文字列を折り返して全体を表示する (WrapText)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプル①)
下記のサンプルプログラムは、シート「住所録」からシート「住所録(折り返し)」へ住所でデータを転記するサンプルプログラムです。別シートに転記する際に、「住所」部分を転記する際に、折り返して転記させます。
データを別のシートやセルに転記する際、転記先のセル幅の大きさが転記元より小さい場合は、文字列がセル内に入らないので、WrapTexTを使って文字列を折り返します。

 

 

 

●実行前~実行後 ※プログラム実行後、転記先シートの住所が折り返し転記されましたので、セル幅内に表示されました。
(画面クリックして拡大)

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)