EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック

 

EXCEL VBA フォルダー内のファイル名・ファイルサイズ・更新日時をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:Call 再帰呼び出し)テクニック

 

 

 ●はじめに
今回説明するプログラムは、選択したフォルダー内(サブフォルダー含む)のファイル一覧をEXCELシートに一覧表示させるサンプルプログラムです。今回のプログラムについては、Call【再帰呼び出し】を利用して階層のあるフォルダーに対しても各フォルダー内のファイル情報を取得する事が出来ます。

 

 

 ●プログラム説明

下記のサンプルプログラムは、フォルダーを選択してファイルの一覧をEXCELシートにファイルパス・ファイル名・ファイル容量「KB単位」・更新日時を一覧表示させます。

【プログラム内容】
選択フォルダーは【TEST】このフォルダーが親フォルダーとなり、この【TEST】フォルダーを元に下位フォルダー内のファイルを含めて全てのファイル一覧をEXCELシートに一覧表示します。

【プログラム実行前】

【プログラム実行後】


【プログラム実行手順・内容】

・プログラム① ・・・フォルダーを選択をファイル内容を転記するワークシートの書式を設定します。
・プログラム② ・・・フォルダーパスを受け取り、フォルダー内のファイル一覧をファイル一覧に転記します。

【プログラム実行条件】
・プログラム①及びプログラム②共に登録します。(プログラム①)を実行します。

 

 

【プログラム①】・・メインプログラム

 

 

【プログラム②】・・・サブプログラム

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、ダイアログボックスが表示されて選択したフォルダー「TEST」内のファイル一覧がシートに作成されました。(サブフォルダーの内容も表示されました。)

 

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)