EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック)

 

EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック)

 

 

 ●はじめに
今回説明するプログラムは、InternetExplorerとVBAを組み合わせたサンプルプログラムになります。インターネットサイトでは、様々な情報を収集する事が出来ます。例えば旅行先を調べたり、好きな趣味の内容を調べたり、また、物の値段を調べたりする事も出来ます。今回のサンプルプログラムでは、インターネットの地図サイト(Yahoo!地図)を利用して、住所情報を入力して検索結果を元に最寄り駅情報を入手します。調べる情報の件数が1~3件程度なら、自分自身で手入力で調べれば良いと思いますが、そでが100件を超える場合、時間も掛かりますし手間も掛かります。社内の人事情報等で、個人の住所から該当する最寄り駅を探す場合に利用出来ると思います。それでは、順番に説明いたします。

 

 

 

 ●プログラム説明

下記のプログラムは、InternetExplorerとVBAを組み合わせて、住所データから最寄り駅を検索するサンプルプログラムです。EXCELシートに住所の一覧を作成して、その住所データを元に、WebサイトのYahoo!地図を利用して最寄り駅検索を行い、最寄り駅の3か所データをEXCELシートに転記します。

【プログラム内容】

①【住所の一覧データから最寄り駅を検索します】(3駅)

②Webサイト【Yahoo!地図】から最寄り駅を検索します。

 

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、EXCELシートに登録されている【住所:C列】情報からWebサイト「Yahoo!地図」に検索を行い、最寄り駅が表示され、EXCELシートに結果を転記されました。今回は、都道府県庁の住所を元に最寄り駅を検索しました。

 

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)