EXCEL VBA 重複データをチェック・抽出・別シート・メッセージ・New Collection(テクニック)

EXCEL VBA 重複データをチェック・抽出・別シート・メッセージ(テクニック)

 

 ●はじめに
EXCELでデータの一覧表などを作成し、入力したデータに対して重複データをチェックし、別の列に一意の一覧表を作成したり、別のシートに作成する方法などを説明いたします。EXCELデータを目視で重複データをチェックするのは、データ件数が数百件・数千件となると目視では、困難なためVBAプログラムを使い、素早くかつ正確に作成する必要があります。下記にサンプルプログラムを3パターン作成しましたので、参考に利用して下さい。

 

 ●プログラム説明 サンプルプログラム①(重複データから一意データの抽出)
下記のプログラムは、同一列内の重複データから一意のデータを抽出するプログラムです。Sheet1のA列に業者名の重複データの一覧があります。その中から一意のデータをSheet1のE列に業者名の一覧を作成します。
※下記のプログラムは、シート名が、「Sheet1」で実行出来るように作成しています。他のシート名の場合は、エラーがは発生します。

 

 

 ●実行結果 サンプルプログラム①(実行後:A列の重複している業者名からE列に一意の業者名が表示されました。)

 

 

●プログラム説明 サンプルプログラム②(重複データから一意データの抽出):New Collectionを使用した場合
下記のプログラムは、上記のプログラムと実行結果は、同じになりますが、New Collectionを使ったプログラムになります。処理内容は同じですが、同一列内の重複データから一意のデータを抽出するプログラムです。Sheet1のA列に業者名の重複データの一覧があります。その中から一意のデータをSheet1のE列に業者名の一覧を作成します。
※下記のプログラムは、シート名が、「Sheet1」で実行出来るように作成しています。他のシート名の場合は、エラーがは発生します。

 

 

●実行結果 サンプルプログラム②(A列の重複データから一意データをE列に抽出):New Collectionを使った場合の結果

 

 

●プログラム説明 サンプルプログラム③(重複データから一意データの抽出し、別シートに転記)
下記のプログラムは、サンプルプログラム①・②と同じ様に、重複データから一意のデータを抽出するプログラムですが、シート結果を別シート(Sheet2)に一意のデータを表示させます。なお、元データ(Sheet1)については、重複データが分かる様に該当するセルの背景色が青色に塗りつぶしされます。処理後には、重複件数をメッセージボックスで表示させます。
※下記のプログラムは、シート名が、「Sheet1」と「Sheet2」で実行出来るように作成しています。他のシート名の場合は、エラーがは発生します。

 

 

 ●実行結果 サンプルプログラム③ (Sheet1のA列の重複データに青色の背景色が塗られます。Sheet2のA列に業者名の一意データが表示され、重複された件数が表示されます。  )

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
今回は、EXCELデータの重複データ処理についての一意データ抽出方法などの説明でした。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)