EXCEL VBA データの振り分け・データの抽出・別シートへ転記(テクニック)

EXCEL VBA データの振り分け・データの抽出・別シートへ転記(テクニック)

 

 ●はじめに
EXCELでデータを作成して、そのデータに対して条件によりデータを振り分ける事がありと思います。今回は、データの振り分け方法で会社で利用できそうなサンプルプログラムを3パターン作成いたしました。それでは順番に説明いたします。

 

EXCEL VBA 選択した都道府県名から該当する住所データを別シートに転記

 

 ●プログラム説明 (サンプル①)

下記のサンプルプログラムは、都道府県名を選択してシート「住所一覧」(住所録)から該当するデータ(住所録)を別シート「都道府県振分」に転記するプログラムです。ワークシート「都道府県名」のセル「C3」に都道府県名を指定してを実行する事で、該当データが別シートに転記します。

※実行ボタンにつきましては、https://akira55.com/button/ を参照してください。

 

 

 

 

●実行前~実行後 ※プログラム実行後、指定した都道府県名に該当するデータが別シート「都道府県名振分」に転記されました。このプログラムにつきましては、何度も実行可能に作成しています。

 

EXCEL VBA 個人別の成績データからランク付けを自動振り分け(別シートに転記)

 

 

 ●プログラム説明  (サンプル②)

下記のサンプルプログラムは、シート「点数一覧」に個別ごとの点数一覧が表示されています。この点数(合計)に応じて個人ごとに点数のランク付けを行うサンプルプログラムです。ランク分けする表は、シート「点数ランク分け」に「ランク表」が作成しておりますので、この点数の範囲内で個人ごとにランク付けを行います。ランク表を作成する事で、点数範囲の変更があっても表を変更する事で、プログラムを修正することなく利用する事ができます。

※実行ボタンにつきましては、https://akira55.com/button/ を参照してください。

 

 

●実行前~実行後 ※プログラム実行後、点数一覧の個別合計点とランク表を元に、個別にランク付けされました。

 

 

EXCEL VBA  名前の一覧表からフリガナ毎(ア行・カ行・・)に名前を振り分ける

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム③)

下記のサンプルプログラムは、シート「氏名一覧」にあるフリガナ情報を元に、別シートにあ行・カ行・サ行・・・毎に、名前(フリガナ)情報を振り分けるサンプルプログラムです。

 

 

 

●実行前~実行後  ※プログラム実行後、シート「氏名一覧」のフリガナ情報より、項目で設定された「アーオ行・カーコ行・・」毎にフリガナ情報が振り分けられました。

 

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。

 

 
★プログラミングスキル向上におすすめ★
【オンライン説明会:詳細】
●開催日時:今すぐ視聴いただけます
※動画の閲覧期限はエントリーから24時間以内となります。
●所要時間:20分
●参加費 :無料
●場所:オンライン開催(日本全国/世界中から参加可能)
●用意頂くもの:パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかインターネット環境
参加申し込み(10秒で完了)