EXCEL VBA バス運賃・電車運賃の料金集計「サンプルプログラム」(テクニック)

 

EXCEL VBA バス運賃・電車運賃の料金集計「サンプルプログラム」(テクニック)

 

 

 ●はじめに
社内の従業員に対して、毎月交通費の精算を定期的に行うと思いますが、数人の従業員でしたら、EXCELの関数を使って計算する事も可能ですが、数百人以上の従業員を抱える会社では、交通費を管理する専用のソフトを購入する必要があると思います。専用ソフトもなかなか費用も掛かるので、EXCEL VBAを使って簡易的なバス運賃・電車運賃を集計するプログラムを作成いたしました。このような、簡易プログラムでも社内で上手く利用する事で、業務の効率化を図る事が出来ると思います。それでは、バス運賃・電車運賃を集計する簡易プログラムの作成方法を順番に説明いたします。

 

 

片道のバス料金から月額(回数)の利用料金を算出 (6ヵ月分)

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム①)
(画面クリックして拡大)

①シート『運賃別・回数別一覧』に、『バス 乗車回数・片道運賃別一覧』表を作成しており、「片道運賃」と「乗車回数」により、表から該当する運賃を抽出出来る様に一覧表を作成します。

②シート『運賃計算(バス)』では、社員毎に一覧表として表示されている内容に、バス運賃・乗車回数に対して、該当するバス代を上記表より抽出して、6ヶ月分のバス代として計算を行い結果を表示させます。

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、社員毎にC列「運賃」・D列「乗車回数」に登録されているデータを元に、『バス 乗車回数・片道運賃別一覧』を参照して、バス代の結果を計算してE列に結果を表示しました。

 

 

 

片道の電車料金から月額(回数)の利用料金を算出

 

 

 ●プログラム説明 (サンプルプログラム②)
(画面クリックして拡大)

①シート『電車運賃表』では、乗車駅から降車駅までの運賃が分かる一覧表を作成して、乗車駅と降車駅の組み合わせにより、該当する運賃を求める表を作成します。

②シート『運賃計算(電車)』では、社員毎に一覧表として登録されている内容に、乗車駅・降車駅に対して、該当する電車代を上記表より抽出して、片道運賃と月額運賃(乗車回数×片道運賃)の計算を行い結果を表示させます。

 

 

 

 

 ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、社員毎にC列:乗車駅・D列:「降車駅」・E列「乗車回数」に登録されているデータを元に、『電車運賃表』を参照して、片道の運賃と月額の運賃の結果を計算してF列「片道運賃」・G列「月額運賃」に結果を表示しました。

 

 

最後まで、ご覧いただきまして誠に有難うございました。
また、VBAに関するテクニックや便利な手法などをこのサイトに掲載していきますので、定期的に参照していただけると幸いです。